RSS | ATOM | SEARCH
あっばれ
先日の子供とのやりとり

来年から幼稚園に行く男の子
おっぱいが大好きで、大好きで
たまりません
ママと電車に乗っていても
ついつい
おっぱい飲みた〜い!
って大声で言ってしまいます


そんな息子ちゃんを見て
パパ
こんなにおっぱい大好きで大丈夫か?
パパもそろそろ心配みたい


先日もママとのやりとりで
ママ
〇〇くん、幼稚園に行ったらおっぱいどうする?
飲めなくなっちゃうね
〇〇くん
大丈夫だよー
幼稚園から帰ったら飲めばいいじゃん

ですって
まだまだおっぱいを飲む気満々です

〇〇くんが私に言いました
だって、おっぱい美味しいんだもーん
なんか素敵な会話でしょう?

ママのおっぱいはこの夏も頑張っています
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 16:04
-, -, -
離乳食と母乳
ミルクで育てている場合
離乳食が進んでくるとミルクの量や回数は減っていくことが普通ですね
母乳で育てている場合
離乳食が進んでも母乳の回数は減らさないようにします

母乳は身体で作られるホルモンによって生産、分泌されていますが
それには一定のリズムがあります

生理に周期があるように
母乳の生産にも周期のようなリズムがあるのです

そのリズムは不変的なので、母乳を十分に分泌させようと思ったら
一定のリズムにのっとった授乳が必要になります

そのため離乳食が進んだからと言って回数を減らしたりしてしまうと機能が低下してしまい
質の良い母乳が十分に作られなくなってしまうのです

お母さんは母乳生産のリズムを崩さないように離乳食を食べさせていくことが必要です
(ご飯でお腹いっぱいでおっぱいいらないってならないように)
離乳食が3回になっても離乳食を始める前と同じようなリズムで授乳をしてくださいね
また、母乳は完全栄養食品で、月日の経過とともに栄養価が落ちることはないんですよ
(昔は10ヶ月くらいになると水と同じになって栄養がなくなるなんて言われたこともありました)
更に
母乳は完全酵素食品であるとも言われていて
消化酵素までちゃんと入っているので
離乳食と一緒に母乳を飲ませることで、食べた離乳食の消化を助け
赤ちゃんにとって離乳食が負担にならないように助け、吸収しやすい状態にしてくれるなんてすごいでしょう

母乳はタンパク質、脂肪、炭水化物、各種ミネラル、ビタミンなどなど
健全な赤ちゃんの成長のために不可欠なすべての栄養素が、適切なバランスで含まれているなんて本当に素晴らしいですね
それを作り出している母親の乳房は偉大だわー
赤ちゃんが大きくなって離乳食を食べるようになっても、自信を持ってしっかりとたくさん母乳を飲ませてあげてくださいね
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 23:32
-, -, -
母乳育児は健康への第一歩
母乳育児は食事制限を伴う辛いことなのでしょうか
私はこう考えます
お母さんが身体に良くない(合わない)ものを食べたときに乳腺が反応して詰まったり、乳汁によって血管や組織に炎症を起こしてしまう

だから
母乳育児期間中はお母さんがどんな物を食べたら良いのか、考えたり気がついたり出来る大切な時期だ

母乳を飲んでる赤ちゃんも
お母さんがそれを食べたら母乳が美味しくなくなるよ
と泣いたり暴れます
母乳の元になっているお母さんの血液の状態が良くないよ
と教えてくれるのです

お母さんの血液の状態が良くなければ、お母さんの身体の色々な場所がトラブルを起こすことになります

母乳育児期間中にお母さんが食に対して考えたり、学び食事内容を変えていくと
お母さんの体調が良くなることが多々あります
さらには
お母さんが作る食事を食べる家族もみんな体調が良くなって行きます
外来では皆さんへ食についての情報をどんどん発信しています

健康な身体は日々の積み重ね

体格よりも"体質"の良いこども
を目指しましょう

健康な心は健康な身体から
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 19:38
-, -, -
おっぱいが大好き
今日も2歳のなり君が
お母さんと一緒に来てくれました
お母さんは2歳のなり君には
長くおっぱいを飲んでもらいたいと思っています
なり君もお母さんのおっぱいが大好きで
まだまだおっぱいを飲みたいそうです
でも2歳はちょっとお年頃
なんとなくみんなの前で
お母さんに抱っこされて
おっぱいを飲むことに
少し恥ずかしさも感じ始めているみたい
家では躊躇せずおっぱいにしがみついていても
外の授乳室では誰か他の子がいると
出て来てしまうそうです

助産院でもおっぱいを飲んでくれません
家に帰ってからゆっくり飲むんだそうです
マッサージしている時もなんとなく半分背中を向けたりして知らんぷりの素ぶり
おっぱい美味しい?
って聞くと
別に〜みたいな
おっぱい好き?
って聞くと
ふん〜みたいな
でも
まだおっぱい飲む?
って聞くと
うん
って照れ笑い
可愛いね

いいよ、いいよ
まだまだおっぱいたくさん飲んでね
って言ってあげる
なり君は私ににっこり笑ってくれた
なり君は私の事を
この人はいい人、僕の味方
って思ってくれたみたい
2歳だっていいんだよ
お母さんが自信を持って2歳のなり君におっぱいをあげていることが一番なり君の自信になっているみたい
そんなお母さんすごいね
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 21:51
-, -, -
1つの区切りに思うこと
お母さん、長かった母乳育児
お疲れ様でした

大変だった事が多ければ多いほど
またやり遂げた時の達成感はなんとも言えないですね

母乳育児
"子供にオッパイを与えることは
ママの命の移し替え"
と誰かが言っていたことを思い出します
夜も昼も寝食惜しんで授乳に勤しんでこられたお母さんに尊敬の意を表します
お母さんも身体大事にしてね


そして、
お母さんとお父さんにいただいたこの体をどうぞ大事にしてね
といつも子供達に伝えたいと思うのです
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 16:21
-, -, -
おっぱいをやめるということ
赤ちゃんをおっぱいで育てるということは大変なこと
昼も夜も関係なく
ひたすら赤ちゃんがお腹が空いたと泣けば
ママは眠ってていても、ご飯を食べていても、お料理を作っていても
まずは赤ちゃんにおっぱい!
そんな生活を1年以上は続けてきましたよね

私はそんなお母様達に
お疲れ様、自分の身体も大事にしてね
と声をかけたくなります
本当にみなさん、
身体を張って子供を育てている
そんな感じですもの
でも、そうやって自分も母親に育ててもらってきたんですよね
あ〜、親に感謝の気持ちですね

そんな赤ちゃんとの長いおっぱいライフもいよいよ終わりというころ
今までの大変だったこと、
おっぱいにひたすら
夢中でしがみつくようにして飲んでいる
我が子の顔
そんなことを色々思い出していると
おっぱいをやめたらゆっくり寝れるわ〜という
嬉しさと引き換えに
寂しさが一気に込み上げてきて
涙が出てしまうのも正直なところ

子育てはそんなことの繰り返し
嬉しさと寂しさと…
その繰り返しの中で
親は子離れもできていくんだと日々実感しています
実際、親離れよりも子離れの方が大変
な…わ、た、し
トホホ

さて、
おっぱいをやめたらどうなるのか?

自信持って言えるのは、
赤ちゃんは変わらずお母さん大好き
っていうこと
おっぱいがあるからお母さん大好き
なんではなくて
今まで赤ちゃん1番に
一生懸命愛情を注いできたから
だから赤ちゃんも
お母さんのことが大好き
なんです
だから
ママは安心しておっぱいをやめても大丈夫


そして次に、
おっぱいをやめたら母乳はどうなるのか?
おっぱいをやめても
母乳の生産はすぐには止まりません
時間をかけて止まっていきます
意外に時間がかかるんですよ
だからそこには時差が生じ
子供が飲まなくなってから
作られてしまった母乳は
乳房の中に溜まった状態になっています
その溜まった母乳はどうしたら良いと思いますか?

飲んでくれない母乳はやっぱり
体の外へ出してあげたほうが良いです
母乳は水分と固形物が混ざってるので
体が全部吸収してくれることはないからです
赤ちゃんの飲んでくれている母乳の量も
ひとり、ひとり違うので
飲ませることをやめた後に
母乳の溜まってしまう量もまちまち
人によっては
痛くなったりしこりが残ってしまうこともあります

是非おっぱいを飲ませることをやめようと思ったら
ご相談ください

ひとりひとりにあった
おっぱいの辞め方や
辞めた後に乳房の中に残っている
乳汁を綺麗に出して
しこりを残さず
スッキリとすることができます

おっぱいをやめるにあたって
お子さんの体に負担の少ないご飯の進め方や
お子さんの性格に合わせた
おっぱいバイバイの方法なども
お伝えいたします

秋はおっぱい卒業には
赤ちゃんの身体にも負担の少ない季節です
どうしようかな?
辞められるのかな?
なんて考えていらっしゃったら
お声掛けくださいね
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 07:58
-, -, -
ママのおっぱいってどんな味?

与作 幼稚園に通うお兄ちゃんが母乳外来についてきた。

おっぱいのお手当に使うタオルを洗う

(お湯の張ってある)ベースンをのぞき込んで

兄 「ね〜!これナニ入ってるの?」

私 「これはママのおっぱいよ」

兄 「え〜っ!おれ飲みてえ〜!」(真剣顔)

私 「・・・(大笑い)」汗

 

幼稚園に通うくらいのお兄ちゃんが飲みたいおっぱいって

きっと相当おいしいよね〜!?

母乳で育ったお兄ちゃん

赤ちゃんの時

おいしい、おいしいって飲んでたんだろうな・・・

 

素敵だな・・・ってほっこりした昼下がりの一コマでしたハート大小

author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 17:52
-, -, -
親としての修了書
母乳育児のお手伝いを始めたばかりの頃に出会った赤ちゃんが
成人を迎えたと連絡をいただきました
お母様が
"親として満足のいく子育てが出来ました。
これからの人生この子は大丈夫と思えます。
大変だった母乳育児を頑張れたことがいつも励みになっていた。"
と仰いました

桶谷そとみ先生が
"美味しいおっぱいをしっかり飲んで育った子は20歳になった時に結果が出るよ"
とおっしゃって、
そんな事をそのお母様と話していた事を覚えていらしたようでした。
母乳育児、
それは
求めれば必ず応えてくれるという大きな安心と信頼

安心と信頼という大きな柱は、関係につまずく時もしっかりとお互いを支えてくれるに違いありません

大事なものはいつも目には見えないものだ
と誰かが言っていました
いつも目に見えるものばかり(例えば体重…)に振り回されず、目に見えないものにも信念を持って子育てをしていきたいですね

皆さんの子育ての結果はまだまだ先ですが
楽しみですね

私の子育ての結果は…冷汗〜〜
あと数ヶ月で長男は20歳になります!
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 20:40
-, -, -
母乳育児と離乳食
今年も残すところわずがとなってまいりました
胃腸風邪が流行っていますね
人混みを避けるとともに
冷たいものや甘い物を食べ過ぎて腸の中の良い菌をいじめないようにしましょうね

さて、ここのところ離乳食の相談が増えています
お子さんが離乳食を始めるようになるとどのように母乳を飲ませて行ったら良いのか
授乳回数や離乳食の量についても不安になるようです
基本的には母乳を飲ませる間隔は離乳食を開始しても変わりません
ミルクの場合は離乳食がすすむと回数が減って一回の量が増えるということが多いようです
授乳の間隔はお母さんの母乳を生産する体のリズムが関係しています
哺乳動物の種によって間隔はほぼ決まっているようで、それは乳汁の成分の違いによっても違いがあるそうです
ヒトの母乳は脂肪分が比較的少ない乳汁の為に消化も早く授乳回数を多くする必要があるのです
また、母乳の中には消化酵素や成長因子が沢山含まれていて離乳食の消化吸収を助けたり、脳の神経や身体の成長などを促すことも知られています
離乳食が開始されてもまだまだお子さんは消化能力が未熟です
そして身体もまだまだ成長途中
大人と同じように消化酵素を自分の体で作れるようになるには時間が必要です
授乳のリズムが乱れると母乳を生産するホルモンが減ってきます
乳質も落ちて美味しくなくなってくると喜んで飲まなくなったり噛まれたり引っ張って飲むようにもなります
離乳食の進め方には母乳の分泌やお子さんの哺乳量、運動発達、歯の生え方など様々な観点から見ていくことが無理のない進め方です
ご来院の際にお声掛けくだされば、お子さんとお母さんに無理のない進め方を考えアドバイスさせていただきます
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 15:01
-, -, -
命をいただく
心を動かされた詩に出会いました

命とは時間です
ある人が80歳で亡くなったとしましょう
それは80年間という時間がその人の命だということです
今朝、皆さんのお母さんは30分かけて朝ごはんを作りました
今日の夕食、お母さんは1時間かけて夕食を作ります
その朝ごはんにはお母さんの30分ぶんの命
夕ご飯には1時間分の命がこめられているのです
みんなが生まれてから今日までの間お父さん、お母さんは自分の命の時間を使って皆さんを食べさせてきたのです
(途中省略)
食事をいただくということは作ってくれた人の命をいただくということ
(以下省略)

ふと思いました

子供に母乳を飲ませている時間はまさにお母さんが自らの命を分け与えていることなんだなぁと



そして 母乳を飲ませていない今は
心を込めて家族のために食事を作ろう
たとえ一品でも
author:まゆみ助産院, category:母乳外来, 20:07
-, -, -